ヘアスタイルも参考に♡先輩花嫁が選んだ和装コーデのポイントまとめ

matsuoTEXT by matsuo

2018.07.02

結婚式レポート

日本ならではの伝統的な花嫁衣裳に憧れる女性は多いですよね!

神前式や和装人前式での着用のほか、ドレスからのお色直しや、当日はドレスでも前撮りで和装を選ぶ花嫁さんはとっても多いんです。

でも、普段選び慣れていないからこそ、一着だけ選ぶのはとっても大変。。

先輩花嫁はどんな和装を選んだのか??どんなコーデにしたのか??

選んだポイントと、実際に合わせた髪型も紹介します!!

 

*レトロモダン×伝統的な日本髪*

和モダンな会場の雰囲気に合わせてセレクトした鮮やかなグリーンの色打掛。「個性的で大胆な色と柄に魅力を感じました」と花嫁さん。まっすぐ伸びる竹は威勢の良さや潔さを表し、冬でもみずみずしい青さを保つ姿が不変や長寿を象徴する縁起の良い模様なんです!

髪型は地毛で結った新日本髪。自然な仕上がりが鮮やかな色の花飾りは、レトロモダンな色打掛と相性バツグンですね♪

 

*華やか色打掛×ボリュームヘア*

さまざまな色を使って描かれたおめでた柄がポップな印象!元気で楽しげな雰囲気を演出してくれます。こちらの花嫁さんは、いろいろ試着した中でこの打掛が一番しっくりそう。この「しっくりきた」という感覚を大切に衣裳を選ぶ花嫁さんはとっても多いようですよ!

ウィッグでボリュームを足してアップスタイルに。サイドの髪を少し残してまとめたふんわりスタイルがやさしい雰囲気を演出♪髪飾りは打掛の色と合わせて選んだそう。

 

*おめでた柄×シンプルヘア*

こちらの色打掛は、新郎がセレクト。鶴や松などの縁起が良い柄がふんだんに織り込まれ、黒がゴールド、赤が豪華な一着です。おめでたい日にピッタリでゲストからも好評。特に花嫁さんのおじいさまが喜んでくれたそうですよ^^ゲストの反応を想像しながら選ぶのも楽しいですね♪

艶やかな打掛を引き立たせるため、髪型はあえてシンプルに。ポイントにつけた髪飾りは花嫁の手作りで、ボールブーケとおそろいです☆

 

*柄入り白無垢×2パターンの髪型*

花柄がプリントされた白無垢は、赤ふきがアクセント。「デザインがキレイで、試着してみたら着心地がとても軽くてお気に入りです!」と花嫁さん。重たいイメージの和装ですが、最近は着心地にこだわったデザインも発表されているので探してみてくださいね^^

綿帽子と角隠し、どちらも諦めきれなかった花嫁さん。親族紹介と挙式リハーサルでは角隠し、本番の挙式は綿帽子を着けて憧れを叶えました。ちなみに前撮りではどちらも着けず、ざっくりまとめたアップヘアだったそう!

 

*正統派の白無垢×角隠し*

差し色を使わず全身を白で統一した白無垢姿は、これぞ日本の花嫁!という印象。凜とした雰囲気の白無垢には、全体に美しい刺しゅうが施され、上品な花嫁姿を演出してくれます。

こちらの花嫁さんは披露宴で色打掛に掛け替え、髪型もチェンジ!色とりどりの髪飾りがボリューミーで華やかなヘアスタイルは、写真映えもバッチリです。

 

 

先輩花嫁さんのコーディネートはいかがでしたか?

似合わないと思っていた色や柄でも、実際に試着してみたら意外としっくりきたという花嫁さんも多いようです。

また、先輩花嫁さんは髪型や小物、会場の雰囲気など、トータルでコーディネートを考えているようです!

これから和装を選ぶ花嫁さんは参考にしてみてくださいね♪

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ