ブーケもステキって思われたい♪4つのテーマから選ぶ 最愛ブーケ特集

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.03.12

衣裳・ブーケ

ブーケ選びは花嫁の特権♡

結婚式当日、花嫁姿をより華やかにしてくれるブライダルブーケ。ドレスとの相性はもちろん、季節や会場に合わせたセンスも重要なポイントです。

今回は、こまウエ編集部が提案する4つのテーマからブーケをご紹介。好みのタイプを見つけて、結婚式当日はお気に入りのブーケと共にとびきりハッピーな時間を過ごしましょう♪

 

テーマ①【ナチュラル】

野で摘んできたばかりのような鮮やかなグリーンがナチュラルブーケの主役。自然体な雰囲気が魅力的です。

野の花を集めたような無造作なムードがオシャレなシャンペトルブーケ。動きのある花材を取り入れて、遊び心あふれるブーケに。トレンドの透け感のあるレースドレスや、ヴィンテージスタイルのドレスに合わせるとキレイです。

 

グリーンを基調としながら、カジュアルになりすぎないよう個性的な花材をプラスしたこちらのブーケ。落ち着いたトーンでまとめることで大人のラフさを表現しています。存在感を持たせたリースブーケは、シンプルなドレスのアクセントにピッタリ!

 

中心の花々は、甘くなりすぎないようくすんだ色合いのトルコキキョウをアクセントにして、大人の愛らしさを演出。中心を包み込むように周りにあしらったグリーンは、庭の植物を切り取ったようなカジュアルさが新鮮ですね♪

ナチュラルなブーケをもっと見たい!という人はこちらから♪

テーマ②【スイート】

小さい頃に憧れた、プリンセスのような花嫁姿。ふんわりとしたドレスにピッタリのキュートで甘いブーケをご紹介します。

柔らかな質感のトルコキキョウとバラは、パステルピンクを使い甘さを演出。そこに合わせるカーネーションは少しくすんだ色味を選び、甘くなりすぎない大人のスイートブーケが完成♡コロンとしたフォルムもキュートです。

 

生花ならではの柔らかな質感と、優しい色合いの小花がぎゅっと詰まったクラッチタイプのブーケ。花嫁の笑顔のように印象的なガーベラは、パステルカラーを選ぶとスイートでソフトな印象になります。

 

砂糖菓子のような甘さとかわいらしさを丸いフォルムで表現したラウンドブーケ。ポイントにイエローを入れて少し甘さを抑えつつ、手元をふんわりとしたチュールでまとめて、柔らかな雰囲気をプラス。とびきりスイートな気分を味わえそう!

スイートなブーケをもっと見たい!という人はこちらから♪

テーマ③【ユニーク】

「特別な一日も、私らしさは忘れたくない」。そんな花嫁さんにオススメな個性派ブーケ。ゲストもきっと驚くはず♡

さまざまな種類の小花を集めた、柔らかく軽やかなクラッチブーケ。全体を優しい色でまとめつつ、差し色としてレッドを使い、花嫁の幸せな気持ちを表現しています。ガーデンウエディングにもオススメ♪

 

ダークカラーでまとめたクラッチブーケ。トレンド感のあるドライな実やアクセントにクジャクの羽をプラスして、大人の魅力あふれる仕上がりに。野外でのパーティーや、シックなブラックドレスなどと好相性です。

 

イエロー、ブルー、レッドなど鮮やかなカラーを使用した華やかなキャスケードブーケです。造花だからこそできる季節感にとらわれないブーケは、ゲストの視線を集めること間違いなし♪

ユニークなブーケをもっと見たい!という人はこちらから♪

テーマ④【クラシカル】

外国映画に出てくる結婚式は、どこかオシャレでノスタルジックな雰囲気。最近のトレンドにピッタリです。

秋色アジサイをベースに、深い色味のバラやカーネーションで大人の雰囲気に。スモーキーなユーカリを取り入れることでさらにクラシックなイメージに仕上げています。落ち着いた中に、少し甘さも欲しい花嫁にピッタリ!

 

飾りすぎずシンプルに仕上げるため、かすみ草をメインにしたリースブーケ。ふんわりとさせず、形をきちんと整えることでクラシカルなムードを演出しています。アクセントにはかすみ草と相性の良い、パープルのリモニュームも一緒に♡

 

アンティーク調のグレイッシュカラーでまとめたラウンドブーケ。小花をプラスすることで、どこかかわいらしい雰囲気に。ベロアリボンで束ねるとクラシカルムードがアップ。フランス映画のヒロイン気分を味わえそうです♪

クラシカルなブーケをもっと見たい!という人はこちらから♪

お気に入りのブーケで輝く花嫁に♪

いかがでしたか?自分らしさあふれるとっておきのブーケと一緒に、最高の一日を迎えたいですよね。お気に入りのブーケは、写真だけではなく、式後もアフターブーケとしてスワッグやボトルフラワー、押し花やボタニカルキャンドルなどにして、思い出として保存しておけます。

もっとたくさんのテーマ別ブーケを見たい!という人はこちらをご覧ください♪

ぜひ世界に一つだけの、オリジナルブーケをオーダーしてみてくださいね。

 

(TEXT by Sonoko Imaizumi)

    この記事を読んだ人は、
    こんな記事も読んでいます

    “衣裳・ブーケ”の最新記事はこちら

    このページの先頭へ