こんなに種類があるの!?スタイリストも通う新潟市沼垂の布専門店「布(きれ)」に行ってみた!

oyanagiTEXT by oyanagi

2018.04.09

アイテム・ギフト

結婚式のアイテム作りに欠かせない生地。空間コーディネートを手掛けるスタイリストが足繁く通うという“布の宝庫”が、新潟市中央区の沼垂エリアにあると聞いて行ってきました。

沼垂エリアにたたずむ昭和レトロなお店

新潟市中央区の新潟中央郵便局の前の大通りを東区方面にまっすぐ進むと、右手に見えて来くる「布」さん。「布」と書いて「きれ」と読みます。交差点にあるのでわかりやすいです。緑のテントが目印です。

どこか懐かしい雰囲気の店内。入った瞬間から圧倒される数の生地がズラリと置かれています。中へ進むと、長く愛され続けているお店らしい常連さんとスタッフさんの会話が心地よく飛び交っていました。

人気のオーガンジーも!生地選びが楽しくなる幅広いラインアップ

布の種類はもちろん、カラーバリエーションが豊富なのもこちらの魅力。今とても人気だという「オーガンジー」の生地も、パステルからビビットなカラーまで幅広くそろっていました。好きな生地を好きな長さで切ってもらえるので、欲しい分だけ注文できます。

かわいらしい雰囲気の「チュール」も発見。ドレスでよく使われている素材ですが、ウェルカムスペースやメインテーブルをチュールでふんわりとコーディネートする花嫁さんも多いですよね。こちらも色がたくさんあるので、好みのものがきっと見つかりますよ。

オリジナリティーを出すならサテンや和柄もかわいい!

ツヤととろみのある「サテン」生地も人気だそう。小物作りにも役立つこと間違いなしですね。

普通の素材の無地コーナー。青ひとつとっても、淡い色から濃い色までいっぱいあります。気になる色を棚から取り出して、並べてみると探しやすいのでおすすめです。

クラシカルな和柄も!いろいろな柄を少しずつ選んで、はぎれのように組み合わせてもかわいいです。こちらは頻繁に柄が変わるそうなので、何度か訪れてチェックするのもいいですね。

お気に入りの生地を見つけて、DIYを楽しんで!

スタイリストも通う布の穴場ショップはいかがでしたか?「自分の欲しい色が見つからない!」「好みの素材がない!」という花嫁さんの強い味方になってくれますよ!まずは気軽に訪れて、アイテム作りのヒントを探してみてくださいね。

(TEXT by Oyanagi)

 

 

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“アイテム・ギフト”の最新記事はこちら

このページの先頭へ