【お裁縫ビギナーも簡単!】こまウエ特製リングピローの作り方

oyanagiTEXT by oyanagi

2018.05.19

アイテム・ギフト

「こまちウエディング」と三条市の手芸屋「BonBon(ボンボン)」さんがコラボしたオリジナルリングピロー。お裁縫初心者さんでもできるよう、作り方はとっても簡単。結婚式後は、簡単にほどいて赤ちゃんのファーストピローとしても使えるように、縫うところを少なくして、結ぶところを多くしています。キットはピンクとブルーがあり、BonBonさんで購入できます!これを参考に、ぜひ作ってみてくださいね。

【1】キットの中身と用意するもの

オリジナルリングピローのキットの中身は、①ピロー②パールビーズ③細リボン④中リボン⑤太リボン。⑤の太リボンは17㎝と21㎝の長さに切ります。用意するものは、白糸、針、チャコペンです。

ボタンやリボンの間隔の見本。このバランスだとキレイに仕上がります。

【2】中リボンをピローにつける

まずはピローを横にし、上3㎝あけたところに中リボンを巻きます。ピローの後ろで、右から3㎝の位置にリボンをクロスさせます。

後ろでクロスした部分を巻き込むように固めに結びます。リボンの余った部分は後ほど使うので切ってとっておきましょう。

表にするとこのようになります。リボンがねじれないようにお気をつけて。

【3】指輪を置くパールビーズをつける

ピローを裏返し、横のリボンから下に2㎝で、縦のリボンから3㎝とピローの端から4㎝の位置にチャコペンで印をつけます。

後ろから糸を通して、パールビーズ2つをしっかりつけます。

ピローを表にして、細リボンを2色一緒に、中リボンのクロスした部分に通します。

中リボンを巻き込むようにしっかりと結びましょう。

【4】アクセントの2重リボンを作る

次はアクセントになる2重リボン作り。太リボンを17㎝と21㎝の長さに切り、それぞれの端を1㎝ほど重ねて真ん中にくるように折って、ぐし縫いします。

端を持ってひとねじりし、大小2つが重なるように糸で縫いながらとめます。

先ほどの余った中リボンを真ん中に巻いて、結び目が見えないように縫えば出来上がり。

【5】2重リボンをピローにつけて完成

 

いよいよラストスパート。ピローのクロスしているリボン部分に、2重リボンを縫いつけます。

裏でとめるときは、玉留めせず糸を後ろに残して後ろで結ぶと簡単なのでオススメですよ。強めに結んで、余りの糸を切ります。

全体をキレイに整えたら完成!リボンを中央に付けてみたりと、自分らしいアレンジを楽しむのもいいですね。

実際にやってみると20分くらいで簡単に作れちゃいます。そして完成もとてもカワイイです!三条市にあるお店ですが、上越から買いに来た方もいらっしゃったそう。ぜひ、リングピローキットで手作りに挑戦してみてくださいね。

(TEXT by Oyanagi)

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“アイテム・ギフト”の最新記事はこちら

このページの先頭へ