「高砂」や「ブライズルーム」…よく聞くけどわからない「結婚式ワード」を徹底解説!

kiseTEXT by kise

2018.07.22

LIFE

よく聞くけどわからない…「結婚式ワード」の数々

結婚式の準備を進めていると、よく聞く「結婚式ワード」。なんとなく知ってるけど、よくわからない……なんてプレ花嫁さんも多いのでは?

そこで、結婚式についてよく聞く「ワード」をピックアップ! これを知っておけば、結婚式準備もスムーズに進むはず!?

 

■高砂(たかさご)

新郎新婦が披露宴中に座るメインテーブル席のことです。ゲストが座るフロアより1段高くなっています。「ゲストとの距離を近くしたい」ということで段差をなくすカップルも増えてます。

 

■装花(そうか)

メインテーブルやゲストテーブル、会場の入口付近に飾る花のことです。花のバリエーションで季節感やふたりの好み、結婚式全体の雰囲気を表現できます。

 

■ブライズルーム

結婚式当日に花嫁(ブライズ)が身支度を行う専用部屋のことです。会場によって大きなソファやシャワーを備えた、スイートルームのようなところもあります。

 

■バンケット

ホテルや式場、邸宅など、結婚式の「宴会場」という意味です。「バンケット(banquet)」は英語で宴会、晩餐会、祝宴を意味しています。

 

■ホワイエ

フランス語でたまり場や団らんの場という意味です。結婚式場では、披露宴が始まる前にゲストが集まり、歓談してもらうためのスペースのことを指します。

 

■1.5次会

二次会ほどカジュアルではなく、披露宴ほど本格的ではない雰囲気のパーティーのこと。友人のみを招待し、会費制で行われるケースもあります。

 

「結婚式ワード」、いかがでしたか?

結婚式準備を進めている際に、いろいろとわからないワードを出てくるかと思いますが、プランナーさんに聞いたり、自分たちで調べることも結婚式のいい思い出になりますよ♪

(TEXT by K.Seki)

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“LIFE”の最新記事はこちら

このページの先頭へ