やっぱり定番♡三段ウエディングケーキのデザインまとめ*

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.04.20

演出

見ているだけで幸せな気持ちになる、ウエディングケーキ♡

結婚式に欠かせないもの、それはウエディングケーキ。ブライダルシーンでケーキを食べるのは、古くはイギリスから始まった文化だそうです♪

今ではさまざまなデザインのケーキがあり、ネイキッドケーキやフルーツ断面ケーキ、カラードリップケーキなどトレンドも生まれていますよね!

ですが、やっぱり定番のデザインといえば【三段ケーキ】です♡

三段のウェディングケーキにはきちんと意味があり、一段目は、参列してくれたゲストと一緒に食べる。二段目は、参列できなかったゲストに後日配る。三段目は、新郎新婦が記念日に食べる…という言い伝えがあります。

昔は保存がきくシュガーケーキが主流だったので、何日もかけて食べるのが慣わしだったようですね。

そんな歴史もある【三段ケーキ】のデザインを、先輩カップルの実例でチェックしてみましょう!

 

チョコレートソースがおいしそう!華やかな三段ケーキ

花嫁さんがネットでイメージに近いものを探してオーダーしたという三段ケーキ。一部にチョコレートソースが流れているようなデザインと、リボンがポイントです。

 

インパクトのある大きなリボンがキュート!

「憧れのタワーケーキをリクエストしました」と花嫁さん。結婚式のテーマでもある「リボン」をデザインに取り入れ、華やかでボリューム感あふれる仕上がりに♪

 

ゴージャスなスクエア型三段ケーキ

「同じ会場で結婚式を挙げた方のケーキの例をいくつか見せてもらい、その中から選びました」と花嫁さん。リボンが掛かったエレガントなデザインで、後ろの方の席にいるゲストにもしっかり見える存在感でした。

 

プランナーさんのサプライズで登場!

ウェルカムアイテムやフォトプロップスなどを大好きなキャラクターでそろえたおふたり。それを知ったプランナーさんが当日にサプライズで用意したケーキ。ふたりを祝福する2匹のオラフがかわいすぎます♡

 

見た目もスイートなパステルピンクケーキ♡

とにかく「カワイイ」を追求したパステルカラーのケーキは、イチゴとラズベリーをふんだんに使用し、見た目だけでなく味にもこだわったそう。トップのハート型のプレートは、愛を誓い合ったふたりにピッタリですね♪

 

洗練された雰囲気がステキ☆ホワイト三段ケーキ

円形のボックスを3つ重ねた洗練されたデザインは、会場コーディネートに合わせて選んだそう。ふたりの名前を記したプレートを添えて、大人っぽい雰囲気の仕上がりになりました!

 

三段のウエディングケーキでゲストに幸せを届けましょう♡

結婚式において大切な意味を持つ三段ケーキ。ファーストバイトやサンクスバイトなど、演出としても欠かせない存在です。ふたりの思いを込めて、ゲストと幸せを分かち合う時間にしましょう♪

 

(TEXT by Sonoko Imaizumi)

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“演出”の最新記事はこちら

このページの先頭へ