新潟花嫁に聞いた!「やって良かった」演出コレクション【セレモニー編】

oyanagiTEXT by oyanagi

2018.08.12

演出

挙式からパーティーシーン、会場の空間作りまで、新潟の先輩花嫁に聞いた「やって良かった」演出アイデアの【セレモニー編】をご紹介。気になる演出を挙式で取り入れて、花嫁の感想も参考に、ゲストの心に残るふたりらしい結婚式を作りましょう。

ベールダウン

キリスト教式や人前式で行う「ベールダウン」は、実はわりと最近の演出。新婦の母が花嫁支度の仕上げとしてベールを下ろし、娘を送り出すことで、親子の絆を再確認できるセレモニーです。「ガーデンでの人前式で、父とバージンロードを歩く前に母からベールダウンをしてもらいました。『いよいよ結婚するんだな』と強く実感した瞬間でした」(Sさん)

バルーンリリース

アフターセレモニーで取り入れることが多いバルーンリリース。全員で一斉に空へ風船を飛ばすことで一体感が生まれ、写真映えする華やかなシーンが作れると人気の演出です。「挙式と披露宴の間に行ったウェルカムパーティーでバルーンリリースをしました。晴れていたのでとてもキレイで、家族も喜んでくれて良かったです」(Sさん)

リングリレー

長いリボンに指輪を通し、ゲストが新郎新婦のもとへリレー形式で運ぶセレモニー。ゲストみんなが参加でき、指輪のお披露目もできます。主に人前式で取り入れることが多い演出ですね。「ゲストの方にも挙式に参加してもらいたくて、人前式のプログラムに取り入れました。皆さんに祝福していただけていると実感できてうれしかったです!」(Sさん)

これも注目!【エンゲージカバーセレモニー】

指輪交換で、結婚指輪の後に婚約指輪も着けるセレモニーのこと。「永遠の愛にふたをする」という意味があり、最近注目され始めているリング演出です。

ブーケトス

幸せのおすそ分けとして、ブーケを未婚女性に投げるもの。でも最近は、未婚既婚も男女も関係なく、ふたりからゲストへプレゼントを贈る演出として広まりつつあります。『挙式後、階段からブーケトスをしました。投げた後にティアラが取れてしまうハプニングもありましたが(笑)、皆さんに楽しんでもらえて良かったです』(Iさん)

これも注目!【ブーケプルズ】

ブーケトスと同じ感覚で取り入れられているブーケプルズは、ブーケにいくつかリボンを付けて、ゲストが好きなものを選んで引き当てる演出。屋内でも取り入れやすいので人気です。

チャペルムービー

挙式の前に、チャペル内のスクリーンで、家族との思い出写真や動画を映し出す映像演出。これまでの感謝の気持ちを伝えられ、感動のセレモニーにできると取り入れるカップルが増えています。「家族との思い出写真と一緒に、メッセージを添えたムービーを上映しました。入場前から涙してしまいましたが、とても感動的なシーンになりました」(Hさん)

ダーズンフラワー

12本のバラを恋人に贈ると幸せになれる「ダーズンローズ」が元になった演出で、新郎がゲストからバラを集め、新婦に贈るセレモニー。最近はふたりの好きな花を使う場合も多くなってきています。「小さいころから夢だったヒマワリ畑で挙式を叶えたので、ダーズンフラワーもヒマワリで行いました。自分たちらしい夏のセレモニーになりました」(Sさん)

スターシャワー

退場の際に、ゲストからふたりへ花びらを投げて祝福する「フラワーシャワー」がもと。星がキラキラと舞う光景がフォトジェニックで、地面に広がったところもかわいいと人気です。「結婚式のテーマの一つが『星』だったので、フラワーシャワーに星型のペーパーを混ぜました。コンフェッティーも使い、とても華やかな退場シーンになりました」(Aさん)

これも注目!【リボンシャワー】

「縁結び」の意味も込めたリボンシャワーも、手作りする花嫁が多いです。そのほか、コンフェッティーやシャボン玉シャワーもあります。

挙式スタイルに合わせてチョイスを!

挙式は、キリスト教式、人前式、神前式とさまざまなスタイルがあります。選んだ挙式スタイルをベースに、ふたりらしい演出をトッピングしましょう。お気に入りのシーンを作って、ゲストに感動を届けてみては。

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“演出”の最新記事はこちら

このページの先頭へ