ふたりでパーティーを盛り上げる!余興アイデア6選

oyanagiTEXT by oyanagi

2018.10.06

演出

パーティーのプログラムをより充実させる余興タイム。友人にお願いする人も多いけれど、忙しいとなかなか難しいもの。
でも余興は自分たちでもできます!先輩カップルのアイデアを参考に、ふたりらしい演出でパーティーを盛り上げて。

割れない「板」で、ふたりの愛を表現

友人と協力した斬新な板割を披露しました。「新郎と新郎友人が、新婦への『いたわり』と『板割り』を掛けた余興をしてくれました。ふたりの愛は割れない、という演出に感動!」(S夫妻)

新郎は歌、新婦はピアノコラボ演奏を披露!

それぞれの特技をいかしたステキな演奏会。「家族との思い出写真のムービーを上映しながら、新郎は歌を、新婦はピアノ演奏を披露しました。家族への感謝の気持ちを伝えられて良かったです」(I夫妻)

趣味の殺陣を生かして物語のような余興を披露

紙吹雪も舞う本格的な演出で盛り上げたふたり。「私たちの共通の趣味である殺陣を披露。殺陣チームの仲間たちの協力もあり、ふたりで敵役を成敗! 間近で見る殺陣に、会場も盛り上がっていました」(Y夫妻)

新婦の生演奏に合わせて友人が「恋ダンス」!

トレンドのダンスと、花嫁が得意とするサックス演奏をコラボ!「学生の頃、一緒に吹奏楽をしていた友人と星野源の『恋』を演奏。それに合わせて友人たちがダンスをしてくれました。一緒にゲストをもてなせて良かったです」(S夫妻)

ゲスト参加型で楽しめる ビックリ!「洋樽クラッカー」

ゲストみんなをドキドキさせることができるスリル満点の演出。引き当てた人にはプレゼントも用意しています。「各テーブルの代表者に出てもらい、『黒ひげ危機一髪』風の洋樽クラッカーのゲームをしました。飛び出す瞬間は迫力があって、ゲストも驚いていました」(S夫妻)

ゲスト参加型の餅つきで会場の心をひとつに

和婚ならではの餅つきは、ゲストも巻き込んでおいしい時間を提供しました。「お世話になった同僚や友人、いとこなどたくさんのゲストに餅つきに参加してもらい、みんなで盛り上がることができました!」(K夫妻)

ゲストをうまく巻き込んだ演出が大切!

余興はふたりだけの内輪な世界にならないように注意しましょう。ゲスト参加や手拍子をお願いしたりと、みんなが楽しめる内容を考えるのが、パーティーを盛り上げるポイントです。

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“演出”の最新記事はこちら

このページの先頭へ