リアル費用は?どこで選んだ?新潟花嫁のエンゲージ&マリッジリングcollection♡

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.06.22

リング

彼との愛の証♡エンゲージメント&マリッジリングの平均費用は?

結婚の証として、左手の薬指にはめるリング。これまでこまウエが取材したカップルのマリッジリングの平均は、ペアで約20万円。約半数のカップルが20万円以上のリングを選んでいます。

ふたりで相談し、「エンゲージリングを購入しない代わりにマリッジリングに費用を回した」というケースもあるようです。今回は、新潟の花嫁さんたちがどんなリングをチョイスしたのか、その実例集をお届けします♪

 

①人気ブランドのおそろいシンプルデザイン

こちらのご夫婦は、エンゲージリングを新潟市の「Gemmeo MyM」で購入。マリッジリングは新潟市にある「ティファニー新潟三越店」で、ティファニーらしいラインのシンプルなプラチナリングを選びました。マリッジは日常使いしやすいデザインを選ぶのが良さそうです♪

 

②県内作家が手掛けたマリッジリング

エンゲージ、マリッジともに新潟市の「BROOCH」で購入したAさんご夫妻。マリッジリングは縁を結ぶ綱と萬代橋をイメージした県内作家のもの。旦那さんはプラチナ、花嫁さんはピンクゴールドをチョイス。ちなみにエンゲージリングは 35万円、マリッジ 25万円ほど、とのこと。ピンクゴールドの華奢なデザインがかわいらしいですね。

 

③ふたりが一目ぼれしたプラチナリング

新潟市の「Gemmeo MyM」でどちらも購入。何軒か見るつもりが、1軒目で気に入ったデザインと値段のリングを発見したそう。ふたりともプラチナ素材を選び、デザインもシンプルなものにしました。

 

④カットを施した個性的なデザインをチョイス

ダイヤモンドのようなカットを施したプラチナのリングは、「ジャスティンデイビス」で購入。「結婚指輪らしからぬデザインが気に入りました」と花嫁さん。スタイリッシュさの中に個性もプラスしたユニセックスなデザインは、どんなファッションにも似合いそうですね。

 

⑤リング内側にイニシャルを刻印し、夫婦で異なるデザインに

エンゲージの代わりにペアリングを購入したこちらのご夫妻。マリッジはふたり何店舗か回り、アイプリモ新潟店に決定。内側には出会った日とお互いのイニシャルを刻印してあります♡予算は26万円ほど。旦那さんと花嫁さんで、それぞれ異なるデザインなのもオシャレですね。

 

⑥重ね着けを意識した流線型のデザイン

婚約指輪&結婚指輪どちらも新潟市の「トレセンテ新潟店」で購入。エンゲージとマリッジを重ね着けできるように、流線型を描くデザインをセレクト。重ね着けの需要は年々高まっていて、セットで購入する花嫁さんも増えているとか。

 

⑦アクセントにピンクダイヤを追加したこだわりのリング

エンゲージは購入せず、マリッジは花嫁さんが雑誌で気になっていた「アイプリモ新潟店」で購入。リング裏にお互いのイニシャルと入籍日を刻印し、ポイントに希少な宝石として有名なピンクダイヤを追加しています。毎日身に着けるものだから、アクセントにキラリと光るダイヤがあるだけでもふとしたときにうれしい気持ちになりますよね♪ピンクダイヤを追加して、トータル金額は16万円ほどでした。

 

心ときめくリングに出会いたい♡

先輩花嫁さんのリングコレクション、いかがでしたか?人生におけるもっとも大切なジュエリーは、自分が「これだ!」と思うお気に入りのデザインに決めたいですよね。新潟の先輩花嫁さんの実例を参考にしつつ、ふたりの予算と相談しながら、リング選びを楽しんでください♪

新潟のリングショップはこちらからチェック!

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“リング”の最新記事はこちら

このページの先頭へ