【結婚式レポート】ゲストと料理をゆっくり味わう、アットホームなレストランウエディング♪@GuestHouse英國屋/長岡市

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.04.03

結婚式レポート

ゲスト目線で心を込めて、感謝を伝える門出の日に。

12月9日というクリスマス直前シーズンに挙式を叶えたOさんご夫妻。会場に選んだのは、新潟県長岡市にある「GuestHouse英國屋」。全館貸切可能で、家族婚や会費制までそろう多彩なプランが魅力のレストランです。

「ブライダルフェアに行った際、料理のおいしさや会場を貸し切れることに魅力を感じ、アクセスも良かったので即決でした」と花嫁さん。

今回は、笑顔に満ちた一日を過ごしたふたりのレストランウエディングをレポートします!

挙式前に2階からサプライズ登場!

挙式前に軽食やドリンクを用意したウェルカムパーティーを開き、ゲストもリラックスしたムードに。そんな中、2階からふたりで登場!これにはゲストもびっくり。「ゲストの皆さんの表情を見たら緊張がほぐれ、温かい気持ちになりました」と花嫁さんが語ってくれました。

ひと足早くゲストにウエディングドレス姿をお披露目することができるのも、「GuestHouse英國屋」のウェルカムパーティーの特徴。肩肘張らない和やかな雰囲気が好きなOさんご夫妻も大満足♪

 

自分たちの言葉で誓いを立てて、ゲストに承認してもらう人前式♡

挙式は館内チャペルで。ふたりらしい言葉で誓いを立てて、皆さんに承認してもらう人前式スタイルにしました。花嫁さんのウエディングドレスはバックスタイルが美しいシンプルなデザイン。パーティーで動きやすいよう、スレンダーなラインをセレクト。「実は入場から泣きっぱなしでした」という旦那さんは、シルバーのスタイリッシュなタキシードです。

 

披露宴は高砂ソファでアットホームに♪

グリーンでシンプルにまとめた高砂ソファ。「ガーデンウエディングを室内で実現させたかった」というふたりのこだわりが光るおしゃれな空間演出です♪

ウェルカムアイテムはふたりで協力して手作り。こちらのウェルカムボードは、板の色づけからこだわってDIYしたそうです!会場の大人な雰囲気にもピッタリですね。

サンタとトナカイをあしらったクリスマス仕様のケーキに仲良く入刀!両親のお手本バイトも披露しました♡

 

成人式の振り袖をドレス風に♪

お色直しは、花嫁さんが成人式の際に購入した振袖をドレス風に着用♡旦那さんも袍寿冠(ほうじゅかん)という珍しい衣裳を着たので、意外性があってゲストへのちょっとしたサプライズになったそうです。フォトラウンドでは、手作りのフォトプロップスを使ってにぎやかに記念撮影を楽しみました!

グリーンや赤など、鮮やかな色の振り袖をドレス風に着て、淡いグリーンのシンプルなブーケを合わせたオリエンタルなスタイル。「誰ともかぶらない、自分だけの花嫁姿を叶えることができました!」と花嫁さん。

両親への感謝の気持ちを伝えるシーンで、ふたりは思わず涙。「みんなが気取らず食事や会話を楽しめるよう配慮しました」というパーティーは、余興などを最小限に抑え、ふたりがゲストへたっぷりと感謝の気持ちを伝えられる最高の時間に♪笑いあり涙ありの心温まるレストランウエディングとなりました。

このふたりがレストランウエディングを叶えた会場はこちら♪→GuestHouse英國屋

試食や相談会など内容充実のフェアは随時開催中!→会場見学&試食

 

(TEXT by Sonoko Imaizumi)

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ