【結婚式レポート】歴史ある料亭が舞台!大切なゲストに誓う祝言式@料亭 鍋茶屋/新潟市

matsuoTEXT by matsuo

2018.04.24

結婚式レポート

ゲストからの祝福がいっぱい! 温かな思いに包まれた一日に♡

 

ふたりが誓いを交わしたのは、日本で古くから行われている伝統的な祝言式。新郎が以前友人の結婚式で訪れたことがあり、会場見学に参加した「料亭 鍋茶屋」。落ち着いた雰囲気が気に入っていたところスタッフから祝言式について教えてもらい、「みんなが見たことのない式をしたい!」と決めたそう。

和室で行う祝言式と、料亭の食事を楽しむ披露宴を行ったYさんご夫妻の結婚式をレポートします!

 

ゲストが見守る中行った祝言式

昔から行われている挙式スタイルといっても、祝言式の内容は意外と自由。ふたりは三三九度のお酌を姪っ子に、リングボーイを甥っ子にお願い。普段から仲良くしている甥っ子と姪っ子に、誓いを一番近くで見守ってもらったそう。

 

ゲストがズラリと並ぶ中で指輪の交換。ほかにも、「高砂」をその場でうたってもらうなど、伝統的な一幕も。ゲストからも「初めて見た!」いう声が多かったそう。

 

会話と食事をゆっくり楽しむパーティーがスタート♪

披露宴の席にはふたりから手書きのメッセージを用意。結婚する今の気持ちや、パーティーを楽しんでほしい思いを一人ひとりに伝えた。

 

披露宴のスタートは、和の結婚式らしく日本酒で乾杯♪歓談中はふたりの周りに常にたくさんのゲストが集まり、笑顔いっぱいの和やかなひとときを過ごした。

 

パーティー前半には、古町芸妓も登場。美しい舞でふたりを祝福し、祝宴を盛り上げた。舞の後はゲストの席へ挨拶にも回ってくれて、親戚ゲストからも大好評だったそう!

 

ゲストから、ふたりから、それぞれのサプライズ

いつも仲良くしている新婦の兄弟家族が「ふたりをお祝いしたい!」と余興をかって出てくれたそう。「その気持ちが本当にうれしかったです」と新婦さん。みんなの知っている曲に乗せた息の合ったダンスに、会場はとっても盛り上がった。

 

ふたりからは、両親へサンクスバイトをプレゼント。はじめは照れていた両親も、ふたりからのバイトに笑顔いっぱい。これまでの感謝の気持ちを伝えたそう。

 

新婦の友人からは、メッセージムービー&プレゼントが。当日ふたりが会場に着くと、友人がサプライズで用意してくれたウェルカムボードが置かれていたそう。その制作風景やふたりへのお祝いメッセージをまとめたムービー上映に、思わず涙がこみ上げた。。

 

ゲストをお見送りした後は、ドレス&タキシードで記念撮影♪

モダンな雰囲気の館内で撮る写真はとってもロマンチック!会場の雰囲気を考慮して選んだというドレス&タキシードが映えますね☆ゲストとの時間を大切にしたいと望んだ結婚式は、ゲストからのたくさんの祝福に包まれた一日になりました♪

 

ふたりが祝言式&食事と会話を楽しむウエディングを叶えた会場はこちら♪→料亭 鍋茶屋

 

(TEXT by Naomi Matsuo)

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ