【結婚式レポート】写真に撮りたくなる♪カラフルな綿あめソーダで乾杯!@ピアザ デッレ グラツィエ/三条市

oyanagiTEXT by oyanagi

2018.06.21

結婚式レポート

ふたりの好きなアーティスト・YUKIの曲にちなみ、色とりどりの世界観を表現したDさん夫妻。カラフルでポップな演出で、ゲストの心をくぎ付けにしました。

荘厳なチャペルを舞台に感謝を伝えるセレモニー

落ち着いたクラシカルな雰囲気が魅力のチャペルでの挙式。最初に母からのベールダウンで、花嫁支度の仕上げをしてもらいます。

新婦父から新郎へバトンタッチ。このとき「娘をよろしく!」と握手をするのもステキですよね。

ドキドキの指輪交換。ふたりともとても緊張しているようです。

挙式の退場で、新郎の姪っ子姉妹にフラワーガールをお願い。キュートな姿に和やかなムードに包まれました。

アフターセレモニーは、野球が趣味の玄さんが、バッテリーを組んだ友人とパーティー開宴の始球式。

 

ちなみにふたりは前撮りも野球場で。プランナーさんがサプライズで、電光掲示板にふたりへのメッセージと大好きなアーティストの歌詞を入れてくれたそう!とても良い思い出になったと話してくれました。

ナチュラルコーデの空間で、楽しいパーティーの開宴

ふたりの披露宴がスタート!コーディネートは新婦の好きなナチュラルな装花でまとめました。ゲストのメッセージに乾杯の挨拶から笑顔があふれます。

ケーキカットの後は、新婦から新郎へファーストバイト。特大スプーンの登場にゲストから歓声が上がりました。

ウエディングケーキは、上からこぼれるくらいのたくさんのイチゴがデコレーションされたデザイン。

パーティーではふたりへのサプライズも!「新郎のお母さんが『かりゆし58』からメッセージをもらってくれて、披露宴で上映してくれました。私たちはもちろん、みんなも驚いていました!」。

SNS映え間違いなし!コットンキャンディーソーダで乾杯

お色直しでは、ふたりのテーマにピッタリのカラフルなドレスで登場した新婦。フォトラウンドでは、ゲストから大好評だった「コットンキャンディーソーダ」の演出。

カラフルな綿あめを入れたグラスをくばり、新婦がゲスト一人ひとりにソーダを注いでいきます。珍しくてかわいらしい演出に、ゲストもカメラを持ちながら楽しそうに参加していました。

注いだ後はこんな感じ!まるでカクテルですね!グラスにリボンを付けるアイデアもかわいいです。

みんなグラスを持って笑顔で記念撮影。フォトプロップスのように、コットンキャンディーソーダがアクセントになっています。ふたり手作りの「ぶちゃカワ選手権」と題した、小さい頃の写真を集めたムービーでも会場を盛り上げました。

楽しい披露宴のフィナーレは家族へ感謝を伝えました。新婦と新婦父が抱き合う姿に、会場が感動に包まれながら、パーティーは幕を閉じました。

随所にゲストを笑顔にする演出を取り入れたふたりの結婚式。カラフルなコットンキャンディーソーダなど、写真に撮りたくなるフォトジェニックなアイデアもぜひ参考にしてみてくださいね!

貸切邸宅での結婚式が叶う会場の詳細はこちら→アークベルグループ ピアザ デッレ グラツィエ

人気の試食付きフェアも随時開催中です!

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ