【結婚式レポート】美食と語らいを満喫♪ふたりとゲストの絆深まる一日@新潟グランドホテル/新潟市

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.12.26

結婚式レポート

「ゲストに新潟の食べ物や景色を楽しんでもらいたくてこの会場にしました」と語るのは、新潟グランドホテルで和やかな結婚式を叶えたUご夫妻。昔から和装での結婚式に憧れていたという花嫁さんは、「温かみと落ち着きがあり、新潟の食材を使った料理がおいしかったので」と新潟グランドホテルでの挙式を決めました。

挙式はホテル内の館内神殿で執り行いました。白無垢に綿帽子の美しい花嫁姿を披露した花嫁さん。着物や和のものが好きで、昔から結婚式は和装が良いと考えていたそうです。旦那さんは王道の黒い紋付袴でシンプルにコーディネート。ふたりとも、やや緊張の面持ちです。

和装が映える金屏風を用意し、華やかな雰囲気で記念撮影。凜とした和装姿がよく映えますね!「白無垢は柔らかい生地と上品な柄、内側が赤い綿帽子と合わせてとてもバランスが良かったです」と花嫁さん。

挙式後のパーティーは色鮮やかな色打掛で登場!鏡開きの演出からスタートです。「サプライズで、お互いがお世話になっているゲストを指名しました。和のウエディングらしい華やかな演出になって良かったです」と花嫁さん。ケーキカットの代わりにもなる、和婚ならではの粋な演出ですね!

お料理は和食懐石コースをセレクト。和食にしたのは幅広いゲストの口に合うようにとの思いから。ノドグロなどの新潟らしいメニューを取り入れ、招待したゲストに新潟の美味を味わってもらいました。

挙式後の記念撮影はもちろんですが、披露宴の高砂のバックにも活用できます。色鮮やかな色打掛や装花にも負けない存在感で、そこにあるだけで会場がとっても華やかに♡

白いダルマにゲストからメッセージを書いてもらい、披露宴中に目入れも行いました。ふたりの名前のほかに「家内安全」などの言葉が書かれています。

ふたりの知人が手掛けたボードは、和のウエディングにピッタリなデザイン。会場の入り口などに飾ってゲストを出迎えました。

会場装飾は多彩な色打掛をイメージして、色や雰囲気を統一したそうです。赤がしっかりと効いた和モダンテイストが大人っぽくてステキですね。

花嫁さんが思い出に残ったシーンは、お色直し退場。涙を浮かべる母・祖母と手を取りながらの退場は、心温まるシーンとなりました。

タキシード&ドレス姿でお色直し入場。チュールをたっぷりと重ねた立体感のある上品なウエディングドレスに、エレガントなピンクのブーケがオシャレ♡ローウエストのシルエットで全体は落ち着いた印象になりますが、チュールの広がりが華やかさをプラスしてくれます。旦那さんは結婚式だけではなく、その後も使えるスリーピースのスーツを新潟伊勢丹でオーダーしたそう。

そのほか、新郎友人による音楽の演奏やラグビーのトライの演出など、ゲストによる余興もたっぷりと行い、フィナーレへ。笑いあり、涙ありの心温まる結婚式となりました♪

→この先輩カップルが結婚式を叶えた新潟グランドホテルはこちらからチェック

→新潟グランドホテルのブライダルフェアに参加する

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“結婚式レポート”の最新記事はこちら

このページの先頭へ