「とにかく料理がおいしい」と評判♡ 新潟グランドホテルの試食付きブライダルフェア に行ってみた!【後編】

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.06.18

ウエディングトピックス

PR

さあ、前編の館内見学に引き続き、いよいよ試食へ!

「婚礼料理を残さず食べてくれる人が増えた」グランドホテルのこだわり

志賀さんの丁寧な説明を受けながら館内クルーズをしていると、あっという間に試食の時間に。

先ほどの「悠久」に戻り、テーブルに付くとそこには本日のスペシャルメニューが。和洋中、全てのジャンルが網羅された折衷コースは、スープからメイン、デザートに至るまで自慢の料理がずらり!!

「え?これって『試食』の域を超えてるんじゃ…?」と我が目を疑います。豪華すぎでは…?

最初に、ブライダル課の加藤さんと中国料理の小田料理長からご挨拶。「新潟グランドホテル」の料理へのこだわりについて語ってくださいました。

同ホテルは「中華の結婚式」が人気。ダイナミックで意外性のあるメニューにゲストも喜んでくれるそうです。確かに、中国料理が出てくる結婚式ってなかなか体験できないかもしれませんね。

「新潟グランドホテル」の調理部門には、フランス料理、日本料理、中国料理の3セクションあり、ホテルという業態柄、1年365日毎日料理を作り続けているため、良質な食材を大量に仕入れることが可能。

館内にはなんと6箇所も厨房があり、さらに驚くべきはホテルスタッフの約半数が料理に携わるスタッフなんだとか(!)

良い食材を仕入れることができ、さまざまな料理に柔軟に対応できる体制が整っているからこそ、「料理がおいしい!」の口コミが自然と集まるんですね。納得です。

→新潟グランドホテルの料理についてもっと詳しく見たい人はこちら★

一品目は「海燕の巣のスープ キヌガサ茸と薬膳の滋味とともに」。ツバメの巣…初めて食べました。食感がシャキッとしていて優しい味なんですね。

次に登場したのはこちら!わ~大きい!!!!北京ダックです。

「新潟グランドホテル」の結婚式といえば、北京ダックの実演を取り入れることができることで有名。

この北京ダックを目の前で炙り、さらに表面をカリカリにしていきます。迫力満点です!ちなみにこの実演、演出費用はかかりません。すごい!

北京ダックは皮しか食べません。すべてのうま味を皮に凝縮させてしまうのです。贅沢の極みですね!

そして、ル レクチェを使った甜麺醤のソースや、女性が食べやすいようにと(この気遣いがステキ)細かく刻んだネギとともにパンに挟んで食べます。

パリパリで香ばしい!カリッ、パリッとしていて、上品な甘さもあって、なんというか…美味です。いくらでも食べたい。今まで食べていた北京ダックはなんだったのかと思うほどです。

招かれた結婚式でこれが出てきたらかなりうれしいですね!

3品目は「国産牛のステーキ 三種のソース 温野菜添え」。中華のシェフが作るステーキです。言うまでもなくお肉は柔らかく、箸でも食べやすいサイズ。三種のソースは、オイスターソース、パクチーソース、トマトソースです。彩り豊かな野菜もたっぷり入っているので、幅広い年代のゲストに好まれそう♪

4品目は「ホテル自慢のゴマだれ担々麺」。「え?結婚式で麺類?」と思うかもしれませんが、とっても人気のメニューだそうです。小田料理長の手作りラー油の香りが食欲をそそります。

ちなみに、食事にはスープチャーハンなどもオススメとのこと。ゲストをあっと驚かせることができそう!

「水合わせの儀」を体験&デザートではサプライズも!

メインバンケット「悠久」についてお話を聞いている時に、気になったハートのオブジェ。これは、「水合わせの儀」という人気演出で使用するものだと伺っていました。

こちらでの「水合わせの儀」は、新郎新婦が特殊な水を注ぐことで光り出し、会場を幻想的な雰囲気で彩ることができる演出です。

実は試食中に、この演出を体験できる時間もありました♪

私はひとりで参加したので少し寂しげな絵面に見えますが、実際はふたりで注ぎます!

照明を落とした会場に浮かぶ光がロマンチックですね。

この日に実際に参加されていたカップルのおふたりが、メインのオブジェで「水合わせの儀」を完成させていました♪思わず感動してしまうくらい本当にステキ♡

→演出にもこだわった新潟グランドホテルの結婚式リアルレポートはコチラから♡

その後は、再び試食タイムへ!名物「チェリージュビレ」の実演です♪

「チェリージュビレ」とは、熱々にしたダークチェリーのソースをアイスクリームの上にかけて食べる、手間暇かかったライブ感のあふれるスイーツのこと。

流れるような加藤さんの所作が素晴らしすぎて、やや画像はぶれてしまっていますが…動画でも確認できますのでご覧ください!

この実演も結婚式で大人気。新郎が事前にこっそり練習しておいて、サプライズとして余興で披露することも多いとか。

レモンの皮をむくのが一番の難関ですが、器用な人は1時間くらいでマスターするそうです(スゴイ)。不器用な人でも2~3回練習すればだいたい習得できるようです。レッツチャレンジ!

完成したジュビレはこちら。見た目はシンプルですが、食べてビックリ。熱々とひんやりが共存する感動スイーツの出来上がりです。

なんと、チェリージュビレを食べた後にスペシャルデザートも登場!

思わず写真を撮りたくなるかわいらしさ。食後のコーヒーまでついて、至れり尽くせりです。

ブライダルフェアの所要時間は、試食も含めて2~3時間程度。

食事を味わいながら結婚式についてゆっくりプランナーさんとお話ができますし、館内見学を試食の後にすることもできます。一緒に参加されていたカップルの皆さんは、「新潟グランドホテル」さんの料理のおいしさや、ホテルならではのスタッフさんたちのこまやかな気遣いに感動していた様子。

 

新潟グランドホテルが「料理」で選ばれる理由とは

試食付きブライダルフェアに参加してみて分かったことは、信頼の理由はただ「おいしい」だけではありませんでした。

素材や調理法、盛り付けやサービス方法にまでこだわってゲストに驚きや喜びを届けることはもちろん、食事中も「自分がゲストとして大切にもてなされている」と感じるスタッフさんのホスピタリティーにも感動し、結果的に総合的な満足度につながるんですね。

「新潟グランドホテル」の婚礼料理はいくつかコースがありますが、全てにストーリーやコンセプトが設定されている徹底ぶり。新郎新婦が大切なゲストに届けたい思いをしっかりヒアリングして、ベストなコースを提案してくれるので、ゲストへのもてなしを重視したいふたりにオススメです!

同ホテルの料理は、ブライダルフェアで体験できます。

無料試食付きのブライダルフェアは、こちらから予約を

この特集について

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングトピックス”の最新記事はこちら

このページの先頭へ