最近よく聞く「人前式」って何?自由で楽しい最新挙式スタイルをチェック!

ImaizumiTEXT by Imaizumi

2018.08.09

ウエディングトピックス

人前式についてまずは知りたい♪

結婚式の挙式スタイルは、チャペルで神様に誓うキリスト教式や、神社で誓いを交わす神前式などが代表的。最近、オシャレな花嫁さんに人気の「人前式」は、ゲストに結婚の証人になってもらう挙式スタイルのことをいいます。

人前式のいいところ①式次第が自由にアレンジできる!

結婚式のプログラムを自由に決められるのが人前式の最大の魅力。「チャペルでの挙式はやりたいけど誓いのキスは恥ずかしいからやりたくない」「新郎新婦そろって入場したい」「結婚証明書に子どもの手形を押したい」など、人前式なら希望に合わせてどんなアレンジも可能です。

人前式のいいところ②衣裳や会場装飾も思いのまま!

例えば、「チャペルだけど和装を着たい」という希望も、人前式ならもちろんOK♡「披露宴会場がステキだから、ここで挙式もしたい」という願いも叶います。ガーデンで人前式を行う場合は、ふたり好みに挙式会場をコーディネートすることもできます。とにかく自由!それが人前式なのです♪

人前式のいいところ③費用がリーズナブルに抑えられる!

演出や場所によって費用は変わってきますが、式の中で使う結婚証明書や演出アイテムは手作りすることも可能なので、ふたりのアイデア次第で予算をかなり抑えられます。一方で、何の設備もない海岸などを会場に選んだ場合、控室や音響、椅子などを用意しなければならなくなり、費用が多く掛かってしまう場合もあるので要注意。どこにお金を掛けたいか事前に決めておきましょう。

 

人前式で取り入れたい演出まとめ♪

①オリジナルの結婚証明書

キリスト教式では、結婚証明書に新郎新婦がサインをするセレモニーがありますが、人前式では「結婚承認の証」としてゲストから署名してもらうスタイルが人気です。なかでもゲスト全員にフィンガースタンプを押してもらう「ウエディングツリー」の演出は、全員参加できて出来上がりもオシャレになるのでオススメです♡

②オリジナルの誓いの言葉

誓いの言葉があらかじめ決まっているキリスト教式や神前式などとは違って、人前式は誓いの言葉も自分たちで考えることができます。「あいうえお作文」風にしたり、お互いが「妻になったら」「夫になったら」の約束を交わすなど、ユーモアを交えた誓いの言葉でゲストも和やかな気持ちに♪

③ペットも参加

ガーデン人前式などではペットの参加OKの会場もあります♪マリッジリングを運んでもらったり、結婚証明書に肉球スタンプを押してもらったり…愛するペットが活躍できるシーンを作ることができます。

④だるまの目入れ

こちらは和装スタイルでの人前式でオススメのセレモニー。だるまは、願掛けの意味がある縁起物。まずは夫婦が片方の目を入れて、その場でゲストに「今日から1年間は夫婦ゲンカしません!」など、誓いを約束。1年後に成就したらもう片方の目を入れる…といったような演出もステキ。

⑤ダーズンローズ

ダーズンローズは、ヨーロッパ発祥のセレモニー。12本のバラを恋人から贈られると幸せになれるという言い伝えで、結婚式に取り入れられるようになりました。ゲスト12人にバラを渡し、新郎がそれを集めて新婦に贈ります。その際に、再度プロポーズしなおす新郎さんもいらっしゃいます♡ゲストも参加できる演出なので、盛り上がること間違いなしです!

⑥リングリレー

新郎側・新婦側それぞれのゲストが1本のリボンにリングを通して、ふたりへ届けるのがリングリレー。この演出もゲスト参加型で、みんなに結婚指輪をお披露目できるので一石二鳥。

⑦シャンパントースト

新郎新婦がグラスを重ね合わせ、シャンパンで乾杯する「シャンパントースト」。グラスを重ねた時に鳴る音が、魔除けの意味を持つことから生まれた演出です。腕をクロスさせて飲むのでリハーサル必須ですが、珍しい演出にゲストも盛り上がるはずです。

 

ふたりオリジナルの結婚式を叶えましょう

とにかく「自由」なのが人前式の特徴!堅苦しいしきたりや、ちょっぴり気が引ける照れくさい演出などを気にせずふたりらしい結婚式を作ることができます。

また、大切なゲストにたくさん参加してもらえるのも人前式の魅力です。一生に1度の晴れの日だからこそ、後悔しないプログラムで最高の思い出作りましょう♪

人前式についてもっと知りたい人はコチラ☆

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます

“ウエディングトピックス”の最新記事はこちら

このページの先頭へ